これまでとこれからも

インタビュー

「宇都宮の未来を創る市民の会」で活動する動機(きっかけ)は何ですか?

宇都宮市に生まれ育ち、結婚して子どもを育てる中で、地域のまちづくりに積極的に参加し、教育の問題、食品・地球環境・平和の問題、親の介護を通して見えてきた問題などなど、身近な課題にも精一杯取組んできました。これからさらに今までの経験を活かし、それらの課題解決に向けてより深くかかわり、大好きな宇都宮をもっともっと良い街に、宇都宮のすべての人が共に楽しく、安心して幸せに暮らせる街にしたいと思い活動を始めました。

代表として心掛けていることは?

宇都宮市の身近な問題を、一市民として、一人の女性として、生活者の立場で取り組むよう心がけています。そしてより小さな声に、より弱い立場の方々に寄り添い、自分のこととして耳を傾けて行きたいと思っています宇都宮のまちが、今生きる私たちにとっても、子供たちや未来市民の皆さんにとっても、幸せに暮らせる町であるよう、また、美しい地球を子どもたちにのこせるよう様々な角度から改善していくことが使命だと思っています。

力を入れている取り組みは何ですか?

・市民の声がとどく市政に。
・すべての人が安心して幸せに暮らせるまちに。
・安心して子供を産み育てるまちに。
・澄んだ空気と清い水の環境首都に。
・宇都宮の歴史や文化・芸術を誇りに思い次世代に繋げる。
の5つです。

これからどんな活動をしていきますか?

今、国政を見ると、政治家の友達が優遇され、都合の悪い事は嘘や隠ぺいでごまかすというあってはならない政治がまかり通り、行政の不祥事も頻発しています。地域政治も無縁ではなく、しっかりしたチェックが必要です。市民一人ひとりが参加して、自分たちの声で宇都宮の未来を決める、そんな街になるよう活動していきたいと思います。